収益無効化によるYouTubeのテキストスクロール系動画の終焉と今後の稼ぎ方について

renです。

2019年4月、YouTube上にあったほぼ全てのテキストスクロール動画(文字だけ動画)における収益化が無効となりましたね。

いつかはこの事態が起きると予想はされていたものの、事態のあまりの急変ぶりにネット上では「阿鼻叫喚」という表現がピッタリといえるような、YouTubeアフィリ実践者の苦痛の叫びが多く見られました。

※ちなみに、テキストスクロール動画というのはこんな感じで文字が下から上へと流れていくものを指しています。

一般のYouTube利用者にはかなり不評だったテキストスクロール動画ですが、労力のわりにかなり稼げるとしてアフィリエイターたちがこぞって作っていました。

何十万、何百万円と稼いでいた人たちも珍しくなかったのですが、今回の規約変更により、そんなチャンネルの収益が一気にゼロになってしまったわけです。

当事者としたら、かなりの絶望感ですよね…。

テキストスクロール動画といえど、チャンネル登録者数もユーチューバー並にあるチャンネルなどは、「自分のチャンネルがすぐに収益が外されることはないだろう」というような希望的観測もあったかもしれません。

しかし、そこは天下のグーグル様。

無慈悲とも言えるほどの力でもってテキストスクロール動画は一瞬で駆逐されてしまいました。

※今回はテキストスクロール動画だけではなく、ニコニコ動画をルーツとする「ゆっくり動画」なども収益化が無効となっています。

YouTubeの一存で命運は決まる

今回の大規模な収益無効化の流れによって、その収入のほとんどを失ってしまったような人には大変申し訳ないですが、僕の率直な感想としては「まぁ、そういうこともあるよな」というものです。

これは「テキストスクロール動画なんて質の低い動画は収益化を外されて当然だよ」とか、そういう意味では決してありません。

この発言の真意は「YouTubeなどのプラットフォームに依存したビジネスでは、突然の収益無効化などの事態は十分にありうる」ということです。

YouTubeというプラットフォーム(場所)でビジネスをする上では、全ては「YouTubeの運営の一存」次第。

言い換えるなら、YouTubeの意にそぐわないものは容赦無く切り捨てられるということです。

テキストスクロール動画は、確かに「動画」と呼べる代物ではなかったかもしれません。

しかし、それらの中でも「芸能系のチャンネル」などは、YouTubeを利用する一部のユーザーから需要があったのも事実です。

そういった動画を見ない人からすると、「わざわざYouTubeで見ずに、ニュースサイトなどのウェブ上で見れば良いのでは?」という疑問を抱くのも当然だと思います。

ですが、実際は相当数の人がYouTube上でテキストスクロール動画を視聴していた訳です。

なぜなら、再生回数が数十万まで伸びることも決して珍しいことではありませんでしたし、YouTubeの急上昇ランキングに顔を出すこともしばしばでしたから。

ということは、それなりに需要もあって楽しんでいる視聴者はいたものの、YouTubeの運営はバッサリとそれらを切り捨てる方向に舵を切ったわけですね。

収益無効化にした理由としては、YouTube側が「価値のないコンテンツ」と判断したということでもありますし、広告主から「費用対効果が低くなる」としてクレームなどもあったのかもしれません。

その辺りの理由はハッキリとは名言されていなく、「もう収益化はできませんよ」という通告があるのみ。

YouTube側がダメといえばダメなのです。

その一方、YouTubeは「テレビ番組の違法アップロード」に関しては対策が遅いというか、徹底的な対策を取っているとは決して言えない状況です。

正確に言うと、コンテンツIDなどの対策はされていますが、抜け道が多いというか決して完璧なシステムではないため、違法アップロードが後を絶たない事態は今もなお続いています(実際、YouTube上で未だにたくさん見ますよね?)。

YouTube側もある一定の対策をしているとはいえ、違法であるテレビ番組のアップロード動画に対して収益が支払われているケースがあるのは、決して健全な状態とは言えません。

現状を簡単にまとめると…

『テキストスクロール動画は完全に収益無効化』

その一方で

『テレビ番組の違法アップロードに関しては、YouTube側も一応の対策をしているものの、収益化が成功している場合あり』

このような現状を見てしまうと、YouTubeアフィリエイトは全て「グーグルのさじ加減次第」と言うほかないですね…。

※だからと言って、テレビ番組の違法アップロードに関しては、最悪「逮捕」されるケースもありますので、安易に行わないように!!

YouTubeアフィリエイトで今後稼ぐにはどうすれば良いの??

では、YouTubeにテキストスクロール系の動画(あるいは、それに類するような低クオリティーの動画)を投稿することによって稼いでいたアフィリエイターは今後どうすればいいのか。

それは端的に言うと…

①クオリティーの高い動画を作成するスキルを身につけながら、「YouTubeが求める基準をしっかりとクリアした動画」を作り続ける

②プラットフォーム(YouTubeなど)には頼らない(依存度の少ない)ビジネスモデルを確立する

他にも「ネットビジネス自体を諦める」という選択肢も考えられますが、そういった消極的な思考を除けば、取るべき行動としてはこの2点に集約されると思います。

ここでは先ず①について考えてみましょう。

YouTubeを利用している人なら多くの方がご存知であろうチャンネルに「アシタノワダイ」というものがあります。

こちらのチャンネルではたまに顔出しの女性が出演している動画はあるものの、大抵の動画は音声付きの漫画をベースにしたものになっていますね(2019年9月現在)。

これも正直なところ「動画」と言えるものなのかは微妙なところですが、今のところは収益化も外されていません。

しかし、収益化が無効になったテキストスクロール系の動画と、アシタノワダイがアップロードしている動画との違いは、

①オリジナルの画像を複数枚用意し、それに少し「動き」をつけている

②音声をつけている(機械音声は不可で、人間の声である必要あり)

この2点ですね。

現在は収益が無効となった芸能系のテキストスクロール動画は、「関連する画像を1枚用意し、ネット記事をコピペし、適当に音楽をつける」といった簡単な作業で作ることができました。

あとは、自分の意見を少し加えたり、「この件について、あなたはどう思いますか?」などと視聴者へのレスポンスを促すなど、チャンネルごとに多少の工夫は見られましたが、基本的には上に述べたような感じでお手軽に作成できたんですね。

しかし、アシタノワダイに見られるような動画を作るには、オリジナルの画像や音声を用意するために「外注」も必要になってきますし、テキストスクロール動画を作るよりも高度な編集技術が必要になってきます。

外注には手間や労力がかかるだけでなく、人を雇うためのまとまった資金も必要になってきますから、ネットビジネスの初心者が参入しづらい現状になったとは言えます。

つまり、「YouTubeならコピペで誰でも稼げる」という時代は終わりを告げ、編集技術などを伴う「まともな」動画を作成しなくては稼げない時代に移ったというわけですね。

ここまで聞くと、「なんか大変そうだし、YouTubeで稼ぐのはやめておこう」と諦める方も多いかもしれません。

ですが、今までクオリティーの低い動画に対して支払われていた収益が今回の収益無効化によって丸々浮き、きちんとした動画を作っている人にそれが渡るようになったという点は認識しておくべきです。

現に今回の「収益無効化祭り」をきっかけに「報酬の単価が爆上がりした」というチャンネル運営者の声も少なくありません。

「スキルのある者がより多くの金額を稼げるようになった」という意味では、やりがいのあるネットビジネスになったとも言えます。

また、これから5Gの時代に突入すると、「動画の黄金時代」を迎えるとされているので、そこに備えてスキルを磨くことは決して損はないでしょう。

動画の編集力や企画力のあるアフィリエイターにとっては、驚くほどの金額が稼げる「YouTubeアフィリエイトのバブル」とも言える期間が再来するかもしれません。

ただ、1点だけ注意しておかなくはならないことがあります。

それは、あくまで「YouTubeの規約に大幅な変更がなければ」という前提条件のもとに成り立つ仮説だということ。

例えば、今では画像を複数枚用意し、それに少し動きを付けることで、すなわちアシタノワダイのような動画でもオーケーとされていますが、

いつ何時「画像では収益化は認めない!アニメーションでなければダメだ!!」とYouTubeの運営チームが言い出してもおかしくはないということです。

そうなれば、アシタノワダイのような大きなチャンネルでさえも収益が激減、あるいはBANの対象になってしまうなんてこともあり得ます。

(おそらく、こういった事態も想定して、リスクヘッジとして女性が顔出しで出演している動画もアップロードしているのかもしれません)

つまり、「テキストスクロール系の動画で月に何十万、何百万と稼いでたのに、YouTube側のさじ加減ひとつで一夜にして収益ゼロ」という今回と似た状況がいつ起きてもおかしくはないわけです。

これは顔を出さないYouTubeアフィリエイト実践者だけに当てはまることではなく、顔出しをしている「ユーチューバー」も例外ではありません。

視聴回数を稼ぐことを目的とした「過激なネタ(ドッキリなど)」や、女性ユーチューバーによる胸やお尻などを強調した性的な動画などは、以前はかなりやりたい放題の側面もありました。

しかし現在は、そういった動画は収益の対象から外れる傾向にあり、最悪の場合はBAN(チャンネル削除)の対象となり得ます。

※今のところBANのような重い処罰の対象となる動画は、ドッキリのネタでも特に「事件・事故」に繋がるような特に悪質なものや、性的な動画で言えば明らかに裸を晒しているような場合ですね。水着などの動画はBANではなく、その動画だけ収益化が無効になっているケースが多いです。

要するに、「今度から〇〇を扱っている動画には広告を付けませんよ」とYouTubeからお達しが来れば、顔出しをしていようと、その影響からは逃れられないということです。

今回のまとめ

これまで見てきた通り、もしYouTubeで稼ごうと思うのなら、当然ですがYouTube側が求める基準を満たした動画を投稿し続けるしかないわけですね。

そして、その基準はいつ変更されるか分からないので、その点を考慮したリスク対策をしながら運営していくしかありません。

それがYouTubeという場所を借りてビジネスをさせてもらっている僕らの弱みなんですね。

ただ、高度な動画の編集スキルさえ身につけてしまえば、YouTube以外でもマネタイズできる可能性が大きく高まりますので、そこまで過度に心配する必要はないでしょう。

「YouTubeアフィリエイトならコピペで簡単〇〇万円!!」みたいな時代は終わったということだけは把握しておいてください。

未だにそんなことを言っている人(あるいは商材)があれば、完全に「詐欺師」「詐欺商材」確定ですので。笑

テキストスクロール系で稼いでいたアフィリエイターが取る道として

①クオリティーの高い動画を作成するスキルを身につけながら、「YouTubeが求める基準をしっかりとクリアした動画」を作り続ける

②プラットフォーム(YouTubeなど)に対する依存度の少ないビジネスモデルを確立する

この2点を挙げましたが、今回は①について解説させて頂きました。

今回はかなり長くなりましたので、②については次回お話ししたいと思います。

それではまた。

ren より。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です