情報商材は全て詐欺なのか??元ノウハウコレクターが全てを明かします…

renです。

突然ですが、あなたは「情報商材」と聞いて、どのような印象を持たれますか?

恐らくこの質問に対して「好印象を持ってますよ!」と答える方は、かなり少数派なのではないでしょうか。

残念ながら、世間的なイメージは決して良いものではないでしょうね。

僕自身、ノウハウコレクターの時期を経験していますので、ゴミクズのような詐欺商材を購入して、貴重なお金をドブに捨てるような行為を何度も経験していたりします(苦笑)。

「これで金持ちになれるぞ!」と思い、なけなしのお金で購入した教材が「ネットから無料で手に入れられるような情報」だった時は、全身の力がガクッと抜け、詐欺師の売り文句を信じ切ってしまった自分のバカさ加減を呪ったものです…。

ただ、そんな苦い経験を経た後、優良教材に出会うことで着実に力を付け、現在の経済的な自由を手に出来たという側面もあります。

ですので、感謝の気持ちはあれど、僕は「情報商材」には何とも複雑な心境を抱いているのが正直なところです(笑)。

情報商材は買うだけ無駄?詐欺商材しかないって本当?

先ほど述べたように、決して世間的なイメージが良いとは言えない「情報商材」ですが、その全てが価値のない詐欺的な商品かと問われれば、その答えはノーです。

僕の個人的な経験からも優良商材というものは確実に存在しているし、情報商材の購入がきっかっけでネットビジネスで稼げるようになった人なんて数え切れないほどいます。

ただ、情報商材に悪いイメージが持たれるのも致し方ない側面もありますね。

簡単に言えば、販売者が利益を得るためだけの、何の価値もない詐欺的な商品があまりにも多いから。

情報商材は、その商品の特性上、先に中身を確認して購入することが出来ません。

その情報に価値がある訳ですからね。

そうなると、ネットで簡単に手に入る情報をちょろっとまとめて、それをさも画期的な情報かのごとく偽り、お金をだまし取ろうとする悪い人間も現れるわけです。

また、

「1日に3回、スマホでタップするだけで月収30万円が確定!!」

…みたいな明らかにすぐ詐欺と分かるものもありますが、優良商材なのかどうなのか、セールスレターからは判別がつきにくいものも多いです。

実際のところ、ネットビジネス初心者の方が見分けるのは難しいでしょうね。

というのも、セールスレターにおいては、優良商材、詐欺商材問わず、コピーライティングのテクニックを使用した過激な文言で構成されていることが普通です。

優良商材と言えど、商品として存在している以上、そのようにして利益の最大化を図るのは当然のこと。

しかしそれゆえ、優良商材も詐欺商材も同じようなスタイルでセールスレターが構成されることとなり、読者に与える印象としては、どちらも似たようなものになってしまっている現状があります。

これらを見分けるには知識や経験が重要になってきますので、初めのうちは「この人の情報は信頼できるな」と感じる情報発信者の意見を参考にして、購入するか否かを決めていくと良いでしょう。

詐欺商材の見分け方をこっそりとシェアしちゃいます

前述の通り、以前の僕は重度のノウハウコレクターでした。

あの当時は、とにかく気になるものは片っ端から購入してましたね…。

かと言って、その時にお金が余っていたかと言えば決してそんなことはなく、カードの『リボ払い』の機能を使って、限度額いっぱいになるまで買ってました…。

あまり思い出したくない過去ですので、ここでは正確な金額を出すのはやめておきましょう(笑)。

まぁ、今でこそ笑い話にできますが、完全に『情報弱者丸出し』でしたね。

当たり前ですが、あなたはそんな遠回りをする必要はありません。

そこでここからは、詐欺商材に共通するポイントをシェアしていきますので、あなたが実際に商材を選ぶ時のヒントとして活用して頂ければと思います。

詐欺商材の特徴その1:ノウハウを実践した結果が全員同じものになる

これは先ほど例に挙げた「1日に3回、スマホでタップするだけで月収30万円が確定!!」のようなものを想像してもらえると分かりやすいですね。

「機械的な作業で誰でも大金が稼げる」というと聞こえは良いですが、現実的にそんなものは存在しません。

もし万が一そんな夢のような稼ぎ方があったとしても、情報商材として世の中に出回ることはありません。

なぜなら、誰がやっても同じ結果が出るのなら、情報商材として販売するのではなく、アルバイトでも雇って利益を独り占めした方が稼げるから。

冷静に考えれば、ごく当たり前の結論ですよね。

むしろ本当は、全く同じものが出来上がってしまうようなノウハウでは困るわけです。

あなたなりのアイディア、あなたなりの価値提供が出来なければ、ネット上でお金を生み出すのは難しいですからね。

セールレターを読んでいて「販売者がアルバイトを雇って自分だけで実践した方が稼げるんじゃね?」と思ったら、それは買う必要のない「詐欺商材」だと気付いた瞬間です。

速攻でブラウザバックしてください。

詐欺商材の特徴その2:どのアフィリエイトジャンルかも明らかにせず、抽象的な表現のオンパレードに終始しているもの

最近、こういった系統の詐欺商材のレターをよく目にするので注意してください。

「〇〇億円規模の新市場」とか「多くの日本人が知らない海外のキャッシュポイントで荒稼ぎ」など、とにかく強烈な単語を使用している割には、ジャンルやノウハウに関する具体的な記述が一切ないのが特徴です。

情報という特性上、稼ぎに直結するようなところはセールスレターに載せられないのは重々承知しています。

ですが、具体的な表現が一切なく、煙に巻くような書き方に終始している場合、肝心の商材の中身も『空っぽ』であることが濃厚です。

あえて実名を出しますが、少し前に『C.I.M』という詐欺教材が販売され、かなりの方が被害に遭いました(現在は販売停止になっています)。

そのレター内では「5000億円を超える世界的な巨大市場で、私は特定の機械的作業をするだけで総額3600万円を稼ぎました。その全ての情報を包み隠さずお話しします」なんて言ってましたが、蓋を開けてみれば「Twitterで無料オファーのリンクを貼ってつぶやきましょう」という何ともお粗末なものでした。

無料レポート以下の内容を、この商材を販売した詐欺師は3万円近くの価格で販売していたのですから開いた口が塞がりません。

何れにせよ、セールレターを読んでもどのジャンルのアフィリエイトかすら分からないものは、十中八九、詐欺商材であると言って良いでしょう。

今回の記事のまとめ

セールスレターを読んでいる時は一種の興奮状態になって冷静な判断を下せなくなってしまいがち。

ですので、今回お話ししたことは是非覚えておいて頂ければと思います。

そうすれば、ノウハウコレクターになることもなく、無駄な出費を減らすことが出来るでしょう。

僕の苦い経験を無駄にしないでくださいね!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です